みやざき焼酎のお話

焼酎とりわけ芋焼酎に関しては、全国的には鹿児島の焼酎のほうがなにかと有名ですよね

あの「黒霧島」さえも鹿児島の焼酎だと勘違いされている人がとても多いぐらいです。当店のお客様でも結構いらっしゃいます

「霧島」という焼酎は昔から宮崎県人に一番飲まれている宮崎を代表する焼酎です
2015年から「白霧島」と名前を変えて全国CMされていますが、もともと昔からある「霧島」が、「黒きり」と区別して、通称「白きり」と呼ばれていたのを正式な名前として取り入れたものです

この「白霧島」「黒霧島」を作っている霧島酒造は、2012年に「いいちこ」の三和酒造を抜いて売上高で全国一位となりました
以降10年連続一位をキープしています

しかもその年、県全体でも、芋焼酎の出荷量で長らくトップだった鹿児島を、ついに宮崎が抜いたのです
麦・米などを含む本格焼酎全体でも一位なのです

かつての焼酎ブームの時には、鹿児島が全国的に絶大な人気を博していました
そのころの宮崎はあまり県外に向けた営業戦略をあまりとっていませんでした

「さつま白波」はあの六四(ろくよん)のお湯割りのCMで有名ですが、すでに1970年代後半には全国CMに出していたのでした

その後、宮崎焼酎が世に出るのは、そば焼酎「雲海」でした
「雲海」が昭和48年(1973)に発売されると関東のほうで受け入れられ、「さつま白波」ともに第1次焼酎ブームとなりました。

その次に、宮崎焼酎が有名になるのは、麦焼酎の「くろうま」です
「くろうま」発売は昭和59年(1984)。

そして「黒霧島」は平成10年(1998)発売されたのですが
発売当時は、びっくりするほどうまいとの評判でたちまち有名になり、今やどこの酒屋や居酒屋でも置いてあるスタンダードな焼酎になりました

ただし、誤解してもらうと困るのですが、宮崎焼酎の歴史が浅いわけではありません
宮崎焼酎は、誰でも美味しいと言ってもらえるように、焼酎の味の改良とイメージアップに努めてきて、常に新しい焼酎を生み出しているのです
かつて乙類焼酎と言われていたのを、「本格焼酎」と呼ぶようにしたのも、実は霧島酒造の先代の二代目社長である江夏順吉だった
ということからもわかるように、宮崎焼酎が焼酎ブームの火付け役だったことがわかります

しかしながら、焼酎といえば鹿児島をイメージするというような
全国的に有名になる経緯はおそらく鹿児島県と宮崎県の気質のちがいなのではないかと僕個人は思っています

そんな宮崎焼酎ですが、当店は宮崎焼酎専門店です

ほかでは飲めないマスターいちおしの銘柄をそろえていますので、焼酎好きの方に喜んでいただけると思います

ゆっくりお酒を楽しむのに向いています

お酒が好きな人には2種類のタイプがあります

「酔うことが楽しみな人」
お酒を飲んで愉快になることが目的
基本的に大勢で飲みたいひとです
基本的にお酒の種類にはこだわらない人が多いです

もうひとつのタイプは
「美味しいお酒を楽しみたい人」
お酒の場が好きなのはもちろんですが、
必ずしも大人数でなくてもよく、どちらかといえば
少人数、2~3人でそれぞれのペースを保ちながら
自分が美味しいと思えるお酒を選びながら、飲むタイプです
ひとりで飲むのも好きな人です

カフェ ソレイユは後者のタイプの人向きです

もともと大人数のキャパシティがありません

ゆっくり飲みたいのであれば2~4人がベストです
気の置けない仲のいい人と、楽しい話をしながら
「次は何を飲む?」とかいいながら
ご機嫌な時間を過ごすことができます

マスターのお酒のうんちくもたまには楽しいかも

そんなカフェ ソレイユを
気に入っていただければ幸いです

登場!NEWチョコレートパフェ

チョコレートパフェがリニューアルして新登場!

以前のチョコバナナパフェもとても人気でしたが、
約7年ぶりぐらいにレシピを再考案して、生まれ変わりました。

一番の目玉は、
中段のところに、
本場イタリア産のフィンガービスケットを使ったアイスティラミス

そして、新たなトッピングとして、

チョコレートと相性抜群の甘くて爽やかなドライオレンジ

アイスクリームのトッピングに欠かせないサクサク食感が魅力のウエハース

これまで特別サービスとしてトッピングしていたブラウニーが標準装備

それにチョコチップクッキーと板チョコは今回もちゃんとレギュラー登板。

グラスの下段には
当店自慢の特製コーヒーゼリーをたっぷり入れました。

 

マスター渾身のNEWチョコレートパフェをぜひ召し上がってみてください。

PS.アイラブユーとジェムソン

PSアイラブユーというラブロマンスの映画があります。
私はこの映画が大好きで何度も繰り返し観ています。

この映画の主役ジェリーはアイルランド出身でアイルランドのことが色々と描かれています。

ジェリーが死んでしまってから物語が展開しますが、仲間内でのジェリーのお別れの会のときに、参列者が一人ずつショットグラスにウィスキーを注いで献杯するシーンがありますが、その時のウィスキーがこの「ジェムソン」です。
ジェムソンはアイルランドを代表するアイリッシュウィスキーです。

ジェムソンはライトでスムースな口当たりで、ストレートをショットグラスでグイっと飲んでも飲みやすいです。
私自身も大好きなウィスキーでよくストレートで飲んでいます。

ハイボールにすると居酒屋のハイボールより断然うまいですよ。ボトルの値段もそんなに高くないのです。
おすすめです。

今夜はアイルランドにかぶれてジェムソンを飲んでみませんか。

ハードリカーのすすめ

度数が強いお酒のことをハードリカーという言い方をします。
ウィスキーやブランデー、ジン、テキーラ、ラムなどがそうです。

ただ、
度数の強いお酒は酔いやすいと誤解している人がとても多いので
ちょっと解説もいたします

一般に、ウィスキーは「シングル」といって
一杯の量が30mlで提供されます。
(なかには45mlのお店もあります)

仮に、20分ぐらいかけて1杯を飲むとして
ビール中ジョッキ(350ml)とウィスキー30mlのアルコール摂取量を比較すると

ビール    350ml 度数5% アルコール量 17.5ml
ウィスキー   30ml 度数40% アルコール量 12ml

という結果になります。
ビール中ジョッキを飲むほうがアルコール量は多いのです。

ウィスキーは、1杯30mlをすこしずつ、チェイサーといって追っかけ水を
飲みながら 口の中で、舌で味を確かめながら楽しむものです。
決して、一口で一気に飲むものではありません。

ビールやハイボールは
ごくごくとジュースや水と同じように飲んでしまいますが、
アルコールを感じないままに何杯も飲むので
結局、ウィスキーより多量のアルコールを摂取してしまうのです。

ハードリカーが好きな人は
そんな飲み方を心得ています。

世界には
ウィスキー以外にもラムやブランデーなどいろんな種類のハードリカーが
あって、とても美味しいお酒がたくさんあるのです。

それをビールと角のハイボールしか飲まないなんてとても残念じゃないですか。

もっと世界を知ろうよ。
大人のお酒の飲み方を知るのも悪くありません。

カフェ ソレイユでは
美味しいハードリカーを教えますよ

何も知らなくて大丈夫
好奇心さえあれば、楽しくて美味しいお酒の世界を楽しむことができます。

©カフェ ソレイユ Coffee&Spirits All Rights Reserved.